事業サイト KURIYAMA Division

HOME > スポーツ施設資材事業 > 大会レポート > FIVBワールドグランプリ2016

スポーツ施設資材事業

大会レポート

FIVBワールドグランプリ2016

  • FIVBワールドグランプリ2016
  • FIVBワールドグランプリ2016
大会名
FIVBワールドグランプリ2016
開催期間
2016年06月24日~2016年06月26日
会 場
島津アリーナ京都(京都府立体育館)
関連商品
タラフレックスSPORT M EVOLUTION (カラー:6431 Teal / 6146 Coral)

FIVBワールドグランプリはオリンピック・ワールドカップ・世界バレーと並ぶ、女子バレーの主要国際大会として、幅広く認知されております。FIVB(国際バレーボール連盟)主催により、アジア地区でのバレーボールの振興と発展を目的として1993年以降毎年開催されております。女子バレー日本代表チームは、第1回大会より24大会連続で出場しており、2014年大会では準優勝に輝くなど、好成績を残しております。今大会は島津アリーナ京都(京都府立体育館)で開催され、世界ランキング4位(2015年10月時点)のロシアや同6位のセルビアといった列強国と熱戦を演じました。今大会で使用された弊社商材の「タラフレックス」は、FIVB公認コートとして、ワールドグランプリ以外の男女主要国際大会においても長年ご使用頂いております。特にオリンピックでは、1976年のモントリオール大会以降、アテネ大会を除くすべての大会で採用されております。従来の床材と異なり、タラフレックスは2層のグラスファイバークロスから構成されており、転倒時や着地時の衝撃を吸収し、怪我のリスクを軽減します。また表面の特殊ウレタンコーティングにより、フローリングでは不可能であった水拭き用モップでの清掃が可能となり、汗等の飛散後も衛生的にご利用頂くことが可能です。2016年のリオ五輪での採用も決定しており、今後も様々な種目にて使用が見込まれる汎用性の高い商材であります。

大会レポートに戻る

ご質問や説明のご依頼は、フォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ等の資料請求もコチラよりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォームはコチラ

ページTOPへ戻る