事業サイト KURIYAMA Division

HOME > スポーツ施設資材事業 > 大会レポート > 第27回 日本パラ陸上選手権大会

スポーツ施設資材事業

大会レポート

第27回 日本パラ陸上選手権大会

  • 第27回 日本パラ陸上選手権大会
  • 第27回 日本パラ陸上選手権大会
大会名
第27回 日本パラ陸上選手権大会
開催期間
2016年04月29日~2016年05月01日
会 場
コカ・コーラウェストスポーツパーク陸上競技場(鳥取県立布勢総合公園陸上競技場)
関連商品
スーパーX

日本パラ陸上選手権大会は、IPC(国際パラリンピック委員会)の公認大会であり、障がい者陸上における全国大会として、日本国内からトップ選手が一同に会する著名な大会であります。昨年度までは一貫して長居陸上競技場(大阪府)にて開催されておりましたが、本年度はコカ・コーラウェストスポーツパーク陸上競技場(鳥取県立布勢総合公園陸上競技場)での初の開催となりました。同会場では弊社商材の全天候型トラック「スーパーX」を採用頂いており、国際陸上競技連盟基準「CLASS-2」及び、日本陸上競技連盟基準「第1種公認陸上競技場」の認定を頂いております。上記2基準の公認により、日本選手権や国民体育大会などの著名な国内大会から、国際陸連主催の大規模な国際大会に至るまで様々な大会の開催が可能となりました。また、1976年のモントリオールオリンピックから2012年のロンドンオリンピックでの陸上走路にも採用されており、これまでの陸上競技における世界記録の約61パーセントが「スーパーX」上で記録されていることからも、非常に記録の出やすいトラックとしても認知頂いております。本大会におきましても、男子走幅跳に出場した山本篤選手が、6m56の世界新記録を樹立しました。

大会レポートに戻る

ご質問や説明のご依頼は、フォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

カタログ等の資料請求もコチラよりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォームはコチラ

ページTOPへ戻る